FC2ブログ

米国「電車のドアを押さえるんじゃねーよ」

毎日地下鉄に乗っています。

アメリカの電車のドア上部には、こういう表示とともに、
人がドアを両手で押さえている図に禁止マークがついた
シュールなものがあります。

Do not hold the doors

日本→「電車とホームの間にお気をつけください」
   「戸袋に手を挟まれないよう、お気をつけください」
   「危険ですので、駆け込み乗車はおやめください」

シンガポール→「Please Mind the GAP」

アメリカ→「Do not hold doors」

アメリカ、うけるな。
面白い国だな~と思って見ていると、

次の駅に着いた時、閉じそうになるドアを手でめちゃ強く抑えながら、
本当に無理やり乗車してくる男性が登場!

これはさすがに笑った。
1人で座っていたのに「はははっ」みたいに笑ってしまい、
何だコイツ的な目線が。

そりゃ、そういう表示になるわな。納得。

降りてくる人を無視してガンガン乗り込むのが主流のシンガポールでも、
ドアを手で押さえる人はほとんどいません。

シンガは電車側だけではなく、だいたいホーム側にもドアがついていて、
閉じるスピードも速いのでスライド乗車が不可能というのもありますが。

とにかく、アメリカでは「ドアを手で押さえちゃダメ!」だそうです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
関連記事

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。