FC2ブログ

ベトナムの子どもたちの手作りアクセサリー

今日は、フェアトレードを行っているアクセサリーブランド
Phu Hiep”のピアスを買いました。

自分のためにアクセサリーを買ったのは久しぶり。。というか数年ぶり?!

P1010322.jpg

布をニット編みのように繊細に編んである輪っかと、
ゴールドの輪っかが組み合わさった、すてきなデザインです。

アクセサリーは好きなのですが、雑な性格ゆえ、
落としたり失くしたりする率が尋常ではなく、
シンガポールに来てから、両耳とも揃っているピアスがついに
ひとつもなくなってしまうという事態に陥るも、しばらく放置していました。

そろそろ耳の穴ふさがるんじゃなかろうか・・・というくらい長いこと
つけていなかったので、かわいいピアスがあれば欲しいなと思っていたところに。

今日ちょうど友人に、“Hue Happy Project”という
ベトナム、フエの貧窮地区に住む子どもたちや、
その家族を支援しているフェアトレード商品を紹介してもらいました。

P1010317.jpg

Phu Hiepのウェブサイトはこちら
色使いが絶妙にかわいいアクセサリーがたくさんあります。

写真のはSGD39ドルとピアスにしては少し高めですが、このうち材料費25%、
生産経費50%で、残りの25%が作り手への支援金となる仕組みだそうです。

この地区には学校に通えていない子どもや、貧困のためゴミ拾いをする子、
人身売買の犠牲になる子どもが後を絶たないそうです。

不当な労働をさせられる子どもを減らし、少しでも学校で
教育を受けられる子を増やせるように、との想いで始まったそうです。

このデザイン性とクオリティの高さは、日本人デザイナーが
マテリアルから全て日本で調達したものを現地に送っているからなんですね。

この制作を通して発生する収入で自立を促し、子どもたちが教育を受けられる
生活の基盤作りを長期間をかけてサポートしていくプロジェクト。

売上げの一部は、感染症予防活動やマイクロクレジット支援などにも還元されるのだそうです。

私は友人の紹介で、販売者の方から直接購入させていただいたのですが、
最近シンガポールでも販売協力する店舗が着実に増えているようなので、
見かけたらぜひ手にとってみてくださいね。


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

関連記事

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。