FC2ブログ

バレエ公演 『SWAN LAKE』

日曜日の午後、エスプラネードまで観に行ってきました。

約2時間半の長い公演、最後まで興味深く鑑賞しました。

セリフなしで、踊りだけで魅せる繊細なストーリーラインと人物の感情。
主役のオデットを踊ったUchida Chihiroさん(白鳥/黒鳥1人2役)と
王子役のNakamura Kenyaさんの表現力には脱帽しました。

バレエは、数あるダンスの中でも最も、過酷なトレーニングを要するものだと思います。
あれだけの半端ではない運動量でありながら、優雅にみせる技術。
床なんて触れていないんじゃないか?と思わせるくらいの、フワリとした着地。

一幕の演技の間、どれだけ息があがるのか、想像するだけで
観ているだけなのに勝手にゼイゼイしてしまいそうになる私(笑)

バレエダンサーの美しさは、人間の肉体が持つ強靭さと、
その可能性をとことん追求した人だけが放てる独特の美しさで、
見る者に鋭く迫ってくるものがあります。

本当にすばらしい公演でした。
SDTの皆さん、お疲れさまでした。

足首の捻挫で少し落ち込み気味だった私のテンションも、バレエを観て復活!!

バレエの基本ワークは、足首のリハビリにもいいよ、と先生が
アドバイスしてくださったので、ゆっくりペースで続けていきたいと思います。


↓にほんブログ村へ
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
関連記事

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。