FC2ブログ

お金の本質って何?に答えている本

2011年10月に日本語版が出版されて以来、
日本でもかなり話題になっている本です。



Amazonページ: 「ザ・マネーゲーム」から脱出する方法
ロバート・シャインフェルド 著, 本田健 翻訳


実は、日本語版出版前の2011年4月頃に、
相方から読むように強く薦められて、原書をもらっていたのですが、

何しろ英語の読み物を、根気強く最後まで読み切れた試しがない私は
「あ~気が向いたら読むわ~」と言いつつ、数ヶ月放置していました。

しかし、ふと急に気が向いて、パラパラめくってみた昨年末、
一気に引き込まれ、時間はかかったものの、結局最後まで読了。

ロバート・シャインフェルドさんの文体は、
読み手がすごく読みやすいように言葉が工夫されているのです。

日本語版は読んでいないので、翻訳的にどうかわかりませんが
最近身の周りで、よくシンクロすると思われるお金の話題があがってきたので、
自分へのリマインドをこめて、本書のご紹介。

そもそも、お金って何??この世界のからくりって何??ということに、
スピリチュアルな観点から本質をとらえている本です。

「マネーゲーム」とは、私たちが誰しも参加しているお金のゲーム。
どんなにお金を稼いでも終わることはなく、永遠に勝つことができないゲーム。

誰も勝てないゲームから抜け出すには、どうするか??

著者がいうには、今持っているお金に関する知識や理解のすべてが、
よく考えられた壮大なゲームなのだと、心から「納得」し、
抜け出すための「プロセス」を使っていくことだと。

あえて「お金」に特化したタイトルがついていますが、
本書は「この世のしくみ」とか「創造のメカニズム」全般について
わかりやすく、噛み砕いて説明している本だと思います。

ちょっと面白いのが、どうやらこの本を読み始めると、
しばらくして奇妙なこと(大抵はお金にまつわる)が起こり始めるということ。

相方もそうでしたし、私の経験上もそうでしたが、
アマゾンのレビューをみると、皆さん色々と体験されているようです。

この本の内容を参考にしながら、その奇妙なこと(時には相当不快なこと)
に向き合って1つ1つ解決していくと・・・・

あら不思議、なんか、お金=豊かさがちょっとずつ戻ってくる感じ。
わかりやすく、「想定外の収入」という形でやってくることもあります。

私たちが「体験している」と時に錯覚する「私的映画劇場」も、
その実、監督は自分、脚本家も演出家も自分、さらには観客も自分!!
どんだけ自分劇場!!のシュールな人生ゲームだった。

だからこそ本当は
「縛られるゲームのルールなんてなくて、もっと自由に遊べるんだよ」
「YOU、遊んじゃいなよ!!」というよーなことを言っている本です。

じわじわ面白くて、おすすめです。

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。