FC2ブログ

日本の良さ、しみじみ顧みる。

8月の猛暑真っ只中、2週間日本へ一時帰国してきました。
東京に12日間ほど、実家がある名古屋に4日間ほど。

猛暑でクラクラとバテ気味になった以外は、
最初から最後まで、とても有意義な帰国でした。

全てが初めて尽くしの相方はよくはしゃぎ、
私は私で思いのほかよくリラックスできました。

さんざん日本食を食べ尽くしましたが、
やっぱり最高に心落ち着くのはご飯とお味噌汁。

Gohan.jpg

最高の炊き加減のおいしいお米と、
丁寧に出汁がとられたジュンサイの赤味噌汁。

「本物の味」とはこういうのを言うんだなぁ。。と実感した一品。
ちなみにジュンサイは、シンガポールでは手に入らないようです。

Meiji Shrine

お寺巡りや神社巡りがこのうえなく大好きな相方の希望により、
東京観光の定番スポット、浅草の「浅草寺」、「明治神宮」、
名古屋では「大須観音」にも足を運びました。

写真は明治神宮の本堂。
澄み切った青天の日、本当に心まで洗われるような美しさでした。

日本はすごい。
何がすごいって、やはり接客の質がすごい。

ホテルやレストラン、ショップはもちろん、
コンビニやスーパーの店員さんの接客に至るまで、本当にすばらしい。

シンガポールの接客スタンダードに慣れきった私から見ると、
もう日本で働いている人、皆最高!偉すぎ!尊敬の眼差しがとまりません。

日本は本当に、人を思いやる気持ちが世界一の国。
どこで買い物をしても、こちらが恐縮するくらい丁寧な対応です。
もうちょっといい加減でも良いのに…と助言したくなるほど。

何でもテキトーにやらない、全力投球だからなのか、
仕事をしている姿がかっこいい人が多い。
業種関係なく、誇りを持って仕事をしている人が多い気がした。

日本語が分からない相方でも、店員さんの笑顔やサービスのよさから
色々感じ取ったようで、「日本はほんとサービスいいねぇ」と。

「でしょでしょ」と自分が褒められたわけでもないのに得意げになる私。
でもそんなすごい所がいっぱいある日本こそ、私のルーツ。

この先も、シンガポールで末永く暮らしていく予定の私ですが、
この旅で改めて気づいた日本のすばらしさや全力投球な気持ち、
思いやりの心、忘れずにいたいと思いました。


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
関連記事

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。